プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

この道に入って20年・・・。早いものです。

 カウンターがあるウチの店には、色々な方との出会いや話が聞けるという利点がありました。

 そしてこのブログでも色々な方とお話しできたら、と考えています。
 ぜひ書き込みお願いしますね。

 今夜もどんなお客様と出会えるか、楽しみです。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年4月 | メイン | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月30日 (土)

るみ子の酒。

ドラマにもなった
尾瀬あきらさんの漫画 【 夏子の酒 】。


三重県伊賀市にある
≪ 森喜酒造 ≫。


その蔵元を、
若くして継いだ森喜るみ子さんが


尾瀬さんの原作に感動し、
「夏子の酒」を商品化した。


それが…


【 るみ子の酒 】
この酒蔵の看板商品となっている純米酒だ。


僕の友人『 前田洋志 』さんが


今年もこの蔵の
酒造りから帰って来た。


彼曰く、

『 今年は凄く状態が良くて、酒造りには最適な年となりました。 』


早速呑んでみることに。


‘‘フナグチ‘‘から直接瓶詰めした
火入れ無しの純米原酒だ。


隣の「○かはしさん」が
イイ感じになっているのを横目に味わってみる…sweat02

その酒のお味はeye


     ≪ コクがあるのにキレがある。 ≫

よく
評論家の人達が使うコピーだが、

プラスfiveという≪辛口≫の日本酒度を、

酸度twoの切れ味が支えている。


さらに
袋しぼり【 あらばしり 】の「コク」。


※あらばしり
伝統的な「槽」や「袋取り」の手法で搾るとき、
搾られ出てくるお酒の状態には順序と特徴があり、
それぞれ名前がつけられています。

・あらばしり
最初に出てくるお酒は薄く濁っていて、これを「あらばしり」といいます。「あらばしり」はワイルドな味ですが、
そのぶん、香り華やかでフレッシュ感のある味わいを楽しめます。

                 ~日本名門酒会公式サイトより抜粋

『 しっかりとした 』と言う表現がぴったり。


去年呑んだソレとは「違う印象」を持ったので
前田くんに聞いてみた。


前田 『 森喜酒造場は、あえて味を調えるような事はしないんです。 』


「酒米の出来」や、「気候」などによって

毎年、味が変わるのは

当然の事だと
受け止めている。


「ワイン造り」と同じ発想を持っているのだ。

だからこそ
仕込み期間中の気配り・心配りが≪ 仕上がり全てを決める ≫。


気が抜けないのだ。

【 今年は最高 】

そう言って、はばからない。

自信の裏付けは

ボトルの中身が語っていた。


その場で即決。


5本だけの入荷が実現した。


どんな料理が合うのか


また試飲(?)をしなければならなくなったheart02。   (* ̄ー ̄*)ニヤリッ   もも


2009年5月29日 (金)

煮穴子。

僕は『 穴子 』が好きです。


うなぎも良いんですけど

やっぱりアナゴが好きheart02


焼いてヨシok

煮てヨシok

揚げてヨシok


最近、
また『 煮穴子 』を好きになってきました。


朝〆た穴子を
手早く割いて、霜降りして、

照りよく煮上げて…


冷めるまで待ちます。

この時間が愛おしいup

表面を
すこぅしだけ『 アブって 』やります。


【 煮穴子の炙り 】


煮ただけでも十分旨いのですが

軽く炙るだけで
まるで別物に変化してしまう。


ふんわりとした食感と
香ばしい香りが

食欲をソソリマスhappy01note


料理って面白いsun

まだまだ美味しくなるのかな?


明日は「 粽 」にして
食べてみよう。(* ̄ー ̄*)ニヤリッ           もも

2009年5月28日 (木)

撮影会。


先日、

料理の撮影会cameraがありました。


久しぶりの撮影会と言う事もあって

僕も力が入りましたrockup


今回の撮影は、

「隔月発売本」用。


しかも
7月30日に発売されると言う事で

『 8~9月のお料理をお願いしたい 』と言われ


正直、
≪ 素材の調達 ≫に苦労しましたsweat02

東京にいた時は
『 冬に夏の素材 』が手に入ったり、

「いついかなる時」に、
「どんな食材でも」手に入ったのですが


福島ではそうはいきません。。。sad

色見で
≪モロコシ≫を使いたかったのですが

『 まだ白っぽいよ~down 』

と言われ、

おまけに

『 箱買いなら持って来れるよ~paperhappy01note 』


って言われてしまい、

断念。。。saddown


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


撮影は順調(?)に進み、

なんとか終了。


ここ数日、

僕の頭の中では


『 通常の宴会用御献立 』

『 撮影会用の御献立 』

『 お弁当の御献立 』


が、同時進行していたため


たまに
『 ふおーーーーーーーーーーっ!!!!impactsweat01 』


などとパンクしそうになっていました。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


久しぶりに撮影をやってみて

再確認したのは

【 カメラマンさんとの相性。 】


こちらが『 望んでいるモノ全て 』を
ファインダー越しに表現してくれる人が一番だ。


色んな写真を撮るカメラマンがいらっしゃるが


やっぱり【 料理専門 】のカメラマンが良い。

料理の≪ シズル感 ≫であったり、

≪ 躍動感 ≫であったり、

ソレを見た読者に訴えかける写真が撮れるのは

ソレ専門の写真家にしか出来ない。

 

今回のカメラマンさんはどうか?


「仕上がり」を見てみないと
まだ何とも言えません。。。


本が出る時にでも

追ってアップしますね。                 もも


2009年5月27日 (水)

火事。


昨日も、

すぐ近くで火事がありました。


夜中に鳴り響くサイレンdramathunder

『 どこだ、どこだ? 』


場所は天神町


よくよく聞いてみると
≪ 消防署の隣 ≫ という。

どうやら空家のようだ。


50分ほどで鎮火。

人的被害は無いと聞き、ひとまず安心。


『 不景気になると「放火」が増える 』とお客様がつぶやく。

やな話だ。


すると12時近くになって
またサイレンが・・・thunderdespairsweat01


またもや『 天神町 』


連続放火か?と思ったが

先ほどの残り火が

隣のお蕎麦屋さんで出火したそうだ。。


お正月、


おせちが終わった後に必ず行っていたお蕎麦屋さんだ。。


今年の暮れにはまた行きたい。


お見舞いを申し上げると共に

早く
御商売復帰できる事を祈ります。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

どうも『 火事 』が多い。


この数か月で
この近辺だけでも5件ほどだ。

古い建物が多くなっているので

【 漏電 】が原因と言うのも増えているそうです。

僕も注意したい。                 もも


2009年5月26日 (火)

どっちやめる?

先日の≪ 夜の会合beerheart02 ≫での話です。

お医者様に、
『 タバコと酒、どっちかやめないと補償は出来ないぞ 』

と言われたら・・・

『 どっちを止める? 』

『 んんんん・・・despair 難しいけど酒かな~ 』
『 酒だったら俺は止められるなhappy01 』
『 タバコ、高くなるしねェ。。。wobbly 』
『 どっちもムリ。。。sad 』

様々な意見が交錯impact


嗜好品として
『 どちらも必要 』と言う意見もdrama


『 生きてんだし!rockangryup 』


ごもっとも。。。sweat02

しかし
≪どちらか≫と言われれば


僕は迷わず

『 タバコ 』と答えます。


だって・・・


タバコは一人で楽しむ時が多いし

なんとかなるかも知れない。。。


でも酒は、

みんなで楽しむもんじゃないup


今いるみんなとも
これからもずっと楽しみたいから

迷わず『 酒! 』を取るな~happy01heart01


料理人としては
タバコはやめた方が良いという意見も


当然あると思いますが…。wobblysweat01down

それはさておき…

皆さんはどっちを選びますか?           もも

2009年5月25日 (月)

ときしらず。


通常は秋口が有名ですが・・・

five月から美味しくなる『 酒beer 』、

いや、

『 鮭 ~さけ~ 』があります。


一口に
『 さけ(鮭) 』と言っても

鮭と呼んだり、鱒(マス)と呼んだり、

数種類がありますが、


マスだけでも
「サクラマス」「カラフトマス」「ニジマス」
「カラフトマス」「ベニマス(サケ)」「ギンマス(サケ)」などがあり


その、
鮭(サケ)と鱒(マス)の区別は

いまだに
生物学的に『明確な区分はない(出来ない)』のが現状のようです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


その中でも【 ワンランク上 】の鮭とされているのが

【 時知不(ときしらず)。 】


成長途上の状態で獲れる鮭のことです。

まだ若い鮭なので、

栄養素が体に凝縮されていて
油のりも身の締まりも抜群です。


【 時知不 】は
時期はずれの5月~7月位に北海道太平洋沿岸を通って行きます。


特に日高の沖で獲れた物が一番良い状態です。

今日は
その日高から【 時知不 】が入荷しました。


【 時知不 ~ときしらず~ 】

時期外れに獲れる事から
『 時知不 ~ときしらず~ 』と呼ばれ、

品数も少なく
滅多にとれないところから

貴重な魚shineとされています。


僕も久しぶりに扱うので

今からとっても楽しみscissorshappy01up

イイモノは、あまり仕事をせずに

『 塩焼き 』で出そうと思っていますheart01。       もも

2009年5月23日 (土)

箸休め。

もうすぐ5月も終わる。

今年も12分の5が終わる計算だ。


季節はもう『 夏 』。


気温は30度近くまで上り、

福島の山菜も終盤を迎えて、
「名残り」の域まで来た。

それでも「今年の筍」は美味しい

穂先の柔らかいところを「絹皮」と言うが、

今日は
その絹皮を美味しい出汁で炊き上げ

蒸し上げた「もち米」と合わせて


【 絹皮の飯蒸し 】を作ってみた。

天盛りには

宮城県の≪ ミョウバン未使用・生うに ≫を
蒸し器で蒸し上げた『 蒸しウニ 

「名残りの筍」と
【 走りのウニ 】を器に盛りこんでみた。

「箸休め」としてお出ししたので

べっ甲あんの塩分も控えめに。


とても優しい味わいに仕上がった。

『 口(香り) 』は、「本わさび」。


木の芽も考えたが、

手持ちの地芽は
大きくなりすぎていて

香りが強すぎた。

明日は
木の芽を「一枚だけ」使ってみようと思っている。        もも

2009年5月21日 (木)

助ける。

先日、

ウチのバイトが


『 通学中にイイコトしました!scissorshappy01upnote 』と話し始めたdrama


話を聞いてみると、

通学途中に
一人のおじいちゃんが
自転車同士の事故にあったsign01impact  despairsign02


アタマから倒れ込み
辺りは騒然に。。


『 救急車呼んで! 』の声に

機敏に反応したそうだ。

その日はテスト期間中pen

1時間目のテストには遅れたが

救急車が来るまでの間
その場で介抱して待っていたそうだ。


もも 『 ん。よくやった。rockhappy01noteshine


「いざ」と言うときに反応すると言う事は

言葉で言うよりもムズカシイものだ。

その事を先生に告げると
テストも「おとがめなし」に。

そこでガタガタ言うようなら
俺が言ってやろうと思ったが

その必要は無かったようだ。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

その日の夜night


いつものメンバーで集まり(勉強会)があった。


この日は

『 肉料理とワインの夕べ 』と題し

各個人、持ち寄った料理に
舌づつみを打った。


『 近況報告 』を一人づつ話しながら

酒がススム beerbeer…。


その中で
こんな話が・・・。

『 車を運転していたら

  信号が青になっても進まない。

  周りの車は一斉にクラクションを鳴らしたdramacarthunder 』

一同 『 ホウホウ…    んで?eye 』


『 しかし、良く見ると
  交差点を押し車を押しながら
  よたよたと渡るおばあちゃんがいた。

  先頭の車の運転手がそれに気づき
  車を降りて、一緒に横断歩道を渡っていた。
 』

と言うのだ。

『 いざ 』と言うとき。

しかも
『 ひとりの時 』に

そういった行動が出来る人ほど
素晴らしいupshine


企画的に何か大勢でやる時と言うのは
簡単にできるものだが

とっさの判断と行動は
意外と出来ないモノだったりする。

そこにいたメンバーも

『 明日は我が身 』かも知れない。


もし明日
そんな事があったら
自分から動きだそう。


皆、
そう思いながらその日は解散した。


『 良い話 』を
1日に2つも聞いて


ミヤザワケンジよろしく


『 そういう人に私はなりたい 』と思った。      もも

スウィート10。


『 結婚して10年。

その大事な日

桃の井で祝いたいと来てくれた友人。


『 バー・ライブラリー店主 』

三浦幸樹と、なべちゃん

彼はよくこのブログにも登場しているし
互いの『結婚式の司会』をやり合った仲だ。

この日は

前回・前々回のブログで書いたとおり
『ブロガー仲間』が来てくれていた。


カウンターで横一列になり
この2人を祝福してくれる仲間たちbirthday

まさに『 友達の友達はみな友達だ 』happy01scissorsnote

今後、
福島のバーだけでなく

日本のバーを牽引していくであろうバーマンは


この日の為だけに
≪ 1年もの歳月 ≫を掛け、

試行錯誤を繰り返したカクテル


≪ スウィートテン ≫(勝手に命名 もも吉さん・仙台さん)
を用意してきた。

ウーピーさん曰く
『 上がホントに薄いグリーン
  中間は透明
  下は綺麗なアクアブルーのカクテル。』


ついつい引き込まれそうになる素敵な色合いだshine

試飲してみると

「シャンパン」と「ジン」の
微妙な割合と絶妙なバランス。

まさに『 この二人のようなカクテル 』だった。


二人笑顔で乾杯barbarheart02


そしてグラスを傾ける…

奥さんが
口に含む時の表情は‘‘すごく穏やか‘‘

喉を通る頃には

‘‘やさしい笑顔‘‘に満ち溢れたsun

嫁さんに対する
『 強烈な愛情 』と『 おもてなしの心 』がソコにはある。

その『 一杯のグラスの中 』には

今まで二人で歩んできた
数々のドラマが入っていた。

          ≪ 今度は僕の番だ。≫

先附から始まる≪ 渾身の11品 ≫は

【 この日の二人の為だけに 】造り上げた御献立。


まずは
「お酒をこよなく愛す」ご主人の為の先附


【 平目の昆布〆 鯛の酒盗あん掛け 】
鯛で作った酒盗を酒で煮溶かし、‘あん‘にした物を
昆布〆にした平目の上に。


二人の目の前で『 実り 』を表す≪ 稲穂 ≫を盛り付ける。


続いて…

前菜(7品)
以前、【じねんぼう】さんに行った時に、
勉強になった事を思い出し、

穴子の中骨で『 縁 ~えん~ 』を表現してみました。



椀盛(サワラの白子豆腐と蒸しアワビ 熨斗人参)


御造り(岩手産天然本マグロ 天然鯛姿造り あいなめ 生うに)

箸休め(飯蒸し 博多明太子 天・三つ葉)

…と続いたところで
≪ 三浦君からのサプライズshine ≫。

隣にいたブロガーのみんなにも

至高のカクテル
≪ スウィート10 ≫が振る舞われました。


彼の持論は
『 幸せは分かち合うもの 』


僕たちも
二人の幸せを「お裾分け」してもらいましたheart02

  heart01heart01heart01



家喜物(伊勢海老木の芽味噌焼 焼き筍)~五目石を敷いて~
※盛り付け中の写真。
 下には冷めないようにアツアツの五目石を敷きました。


多喜合せ(丸茄子オランダ 鴨ロース治部煮 焼き葱)



強い肴(サーロインステーキ 錦野菜)

お食事(白飯)

止め椀(アサリ汁)

水菓子(ふるふるグレープフルーツゼリー)

                           以上。

「出し切った」という感覚で「胃の痛み」が消えていく。

二人の表情が気になります。。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


完食。

笑顔の二人。

『 ありがとう。happy01happy01heart02noteup

そう二人は言い残し、
ブロガーのみんなにもあいさつをして
帰って行きました。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


どんなお酒を飲むのか?

本当ならば

そのお酒に合う献立を
3種類用意しておきたかった。

ご満足をいただけたか?

二人をキチンとお祝い出来たか?

今でも
凄く心の中で引っかかっています。


毎回、

毎日、

そうなのですが


そのお客様に合うよう
さまざまな献立を立てます。


その献立が「当たり」なのか「ハズレ」なのか
来てからでないと、分からない事が多いのです。


その日・その時が近づいてくると
ドキドキが止まらなくなるのです。


今回も、
金曜日頃から胃が痛くなり

日曜日の夜中2時過ぎまで

素材を発注するその瞬間まで考え抜きました。


僕は、

そんな『 楽しみ 』をくれた三浦御夫婦に感謝をしているのです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


カクテル【 スウィート10 】

二人の大事な時間を、包んでいったheart02

そこにいる人間すべてを、
『 幸せという感情 』に酔わせてくれた。

僕からも言うよ。

   『 ありがとう。 』

そして
心からお祝いの言葉を・・・


   『 shine10周年おめでとう。 なべちゃん 幸樹先生shine  』          もも

2009年5月20日 (水)

福島オフ会 ~第2部~

続きですon

閉店後、

すぐさま着替えをし
店のすぐ近くにある≪ ふくしまこらんしょ横丁 ≫へ。

ここは福島の『 屋台村 』。


低価格で
楽しく美味しく呑めるお店が並んでいる人気スポットだshine

その中の1店 【 すし処 玉鮨 】さんへ

時間は夜oneone時。

そこからが
five時間にも及ぶ≪ 本番 ≫up

今、思うと
桃の井での時間は≪ゲネプロ≫のようなものだった。。。


盛り上がる会話thunderdramathunder


繰り返し注文される酒と寿司。restaurantbeerrestaurantbeer

onetwozeroホーンdramathunderを超える大きな声は・・・


月曜日の静かな福島の夜moon3

yachtshineパラダイスcuteshineへと変えていったupupupsun

と、そこへ

【 うにまる 】のマサさんが登場。


電気屋さんの「KTDさん」も加わり


仙台さんの「声」も「話」もグ~~~~~~~~~ンと盛り上がるsign03upupup


「マサさん」と「仙台さん」の
声や話し方、表情の作り方が

見事なまでにソックリと言う事も判明。


やはり45年式…


激アツimpact。。。mobaqmobaqmobaqdashup


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

2時半を回ったころであろうか・・・

誰もが
        ≪ もう喰わないだろう ≫

と言う時間になったところで

仙台さん 『 カキフライsign03 rockangryup 』

もも   『 いかげそっsign03 rockangryup 』


一同   『 えええええええぇっsign02 despairdespairdespairsweat01 』

≪後半の伸び≫が信条の45年式。

こうなると『 ひそかに… 』なんて事は出来なくなる。


そしてsign01
仙台節が大爆発sign01


自身の経験談や
これからの事などを楽しく話始まる!!


当然、
大いに盛り上がるsign03 happy01happy01happy01happy01happy01happy01upnote

アツい男がまたひとり
福島で花咲かせたsign01cutecutecute

【 紅一点 】

ウピねェは
ただひたすらに大爆笑impacthappy01upnote

ホントに笑顔が絶えない人だhappy01heart01


≪ ミスタータフネス ≫もも吉さんと
一緒に盛り上がっていたup

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

『 あーでもないこーでもない 』
と騒いでいると

あっという間に時間はfourclocksweat02


もも吉さんは
ウチの店で6時前から飲み始めているので

onezero時間以上のロングランとなった。


下北沢のタフネスさを
イカンなく発揮し、

みんなの心配をよそに…


もも吉さん 『 次ドコ行くの?happy01up 』

『 ・・・・・・・・・・・。』


負けました。。。sadsaddown


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


白々と明けて来た空を眺めながら、


ウーピーさんをタクシーに

もも吉さんと仙台さんをホテルまで送った。

楽しい時間とは
何故こんなに早く過ぎてしまうのだろう。


遅れを取り戻すためにと
ハリキッテ「ビールだthunder」「ジャパンだthunder」と呑んだ僕は


家までたどり着く事が出来ずに

店でダウン。。sad


朝7時に携帯のアラームで起こされるまでphonetothunder寝てしまったsleepy


朝起きると
不思議と体調は良かった。

いや、「体調が良い」訳では無く

「気分が良い」だけかも知れない。


「オカシイ」と思うかも知れませんが

こんな会なら週一でお願いしたい。

ちなみに
この日のカウンターには


【 バッカス館の心さん 】も来てくれていた。


その事は
次の日になって

≪ ご本人さんからの書き込み ≫によって気がつく事に。。。sad


挨拶してくれればなーもー(そんな雰囲気では無かったのだろうけど…)

今度は彼にも参加してもらおう。


絶対に盛り上がるハズだ。


この日の為に下準備をしてくれたもも吉さんとウーピーさん。

そして
忙しいのに時間を作ってわざわざ駆けつけてくれた仙台さんとKmasさん。


本当にありがとうございました。

また機会作りましょうね!


今度は、
『 じねんのますたー 』と『 剛田さん 』を

【 主賓席 】にお招きしましょう。 (* ̄ー ̄*)ニヤリッ

                       もも


味乃桃の井 のサービス一覧

味乃桃の井
  • TEL050-3463-9289