プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

この道に入って20年・・・。早いものです。

 カウンターがあるウチの店には、色々な方との出会いや話が聞けるという利点がありました。

 そしてこのブログでも色々な方とお話しできたら、と考えています。
 ぜひ書き込みお願いしますね。

 今夜もどんなお客様と出会えるか、楽しみです。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« もりだくさん。。 | メイン | あぢィ~ »

2010年7月16日 (金)

南京豆腐。


カンボジアが原産のカボチャ。


今では夏から秋にかけての
緑黄色野菜として一般化していますよね。


今回はそのカボチャを裏ごして

南京豆腐を造りました。


。。。。。。


昆布出しと牛乳を合わせて

吉野葛、南京ペーストで練っていきます。

”うまみ”に少量の当たり胡麻を入れます。


あたりは
砂糖・塩・薄口しょうゆ。

流し缶に流して
冷蔵庫で冷やします。



出来上がりはこんな感じ。


一緒に盛り込むのは焼き茄子。


直火で焼いて、
アツアツのうちに皮を剥いて



かつを出汁の中で美味しく含ませたものがコレ。


植物性のものばかりなので


手長海老を空揚げに。

器に南京豆腐と焼き茄子を盛り付け、


上に「あたりごま」と濃口醤油で味を付けた
”ごま醤油”を掛けます。



最後に手長海老を盛り付けて出来上がり。

器の黒色。

南京の黄色。

茄子の緑色。

海老の赤色。

ごまあんの白。

shine5色揃って素敵な一皿が出来ましたshine

南京豆腐の
モッチリとした柔らかさと
うっすらと感じる旬の味。


今が旬の
焼き茄子の香ばしさ


手長海老の躍動感と
燃えるような赤

ごま醤油の旨み

ご自宅ではなかなか味わえない
”旬の味”をどうぞ。wink           もも

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/568555/28624293

南京豆腐。を参照しているブログ:

コメント

五味五色五法って学校で習いました

ほとんどの技も色も味もこの一皿にあるんですね♪

こ、これは!

新幹線に乗って食べに行きたい、、、


 最近の『當り胡麻』って

 昔のように分離する事が少なくなったと思いませんか?

 何か製法が変わったのでしょうか???

>カノアさん
5色が揃うと、
彩り豊かにキレイに見えるようになりますよね。
紫が入るとまた一段ときれいに見えます!(o^-')b


>くまさん
今回は、
コース料理の前後で
量が少なかったので大目に盛り付けましたが
普通ならば半分で良いでしょうね
器もキンと冷やしてお出しします(●^o^●)


>コナンさん
分離してもしなくても仕上がりに違いは無いのですが
一度分離させた方が固さが持つような気がしますよね。

メーカーによっては
≪絹仕上げ≫とかなんとか言って
きめ細かさが選べるようになりましたね。
いずれにしても香りと旨み重視で
僕は使ってます(^^ゞ           もも

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

味乃桃の井 のサービス一覧

味乃桃の井
  • TEL050-3463-9289