プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

この道に入って20年・・・。早いものです。

 カウンターがあるウチの店には、色々な方との出会いや話が聞けるという利点がありました。

 そしてこのブログでも色々な方とお話しできたら、と考えています。
 ぜひ書き込みお願いしますね。

 今夜もどんなお客様と出会えるか、楽しみです。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 福幸祭当日 | メイン

2012年8月14日 (火)

福幸祭を終えて。

 

福幸祭が無事終わりました。

 

 

 

夕方、雨が降る予想だったのですが佐原地区には1滴の雨も降らず

 

(福島市内は一時期土砂降りになったそうですが・・・)

 

文字通り私達のお祭りに水を差すことなく大成功のうちに幕を閉じました。

 

 

 

今回、このお祭りに参加したのは

 

神奈川の太鼓チーム「暁」さんと、東京阿波踊りの「しらいし連」さん。

 

福島大学の災害ボランティアセンターの皆さん。

 

「目に見える支援プロジェクト」の皆さん。

 

そして佐原と森合の応急仮設住宅に住む方々

 

総勢180名のイベントでした。

 

 

 

今回のイベントの為に金曜日から福島入りをして、会場の設営をしてくれた「目に見える」のメンバーや福大のボランティアの人達。

 

前日から福島入りし、太鼓の演奏や阿波踊りで大いに盛り上げてくださった各メンバー達。

 

 

 

震災前。

 

あの福島市の山奥にこれだけの人達が駆け付けるだなんて誰が想像できたでしょうか。

 

本当に感謝の一言に尽きます。

 

 

 

「応急仮設住宅」。

 

それはあくまでも「応急」「仮設」であり

 

永く住めるものではありません。

 

 

 

今回初めて仮設住宅の現状を目の当たりにした人達の方が

 

私達毎月来ている人間よりもそれを強く感じたと思います。

 

 

 

震災直後の4月から7月まで調理師会での炊き出しを終え

 

9月から「目に見える支援プロジェクト」の一員として携わってきたこの活動も一年を迎えました。

 

 

 

「あの日」から早15カ月。

 

 

 

復興よりも復旧。

 

普通の生活を取り戻すため、そしてそれを継続して支援する為にも

 

私達ボランティアだけではなく、各報道機関の方々にも

 

「まだ震災は終わってはいない」「この現状に馴れてはいけない」「忘れてはいけない」

 

そう声高らかに伝えて頂きたい。そう思いました。

 

 

 

この日僕が報道各社の皆さんに、唯一お願いした事は

 

「子供たちの笑顔を撮ってください。」という事でした。

 

 

 

それが復旧・復興の力になると思ったからです。

 

 

 

これから30年もこのままだなんて考えたくありません。

 

私達の宝はこのままここに住ませてはいけないのです。

 

 

 

最後に

 

今回、目に見えない支援・ご協力を頂いた関係各社・個人、

 

全ての皆様にこの場を借りて御礼を申し上げたいと思います。

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

そして、二つの仮設に住む皆さん。

 

また来月お伺いします。

 

 

Image


もも

 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

味乃桃の井 のサービス一覧

味乃桃の井
  • TEL050-3463-9289