プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

この道に入って20年・・・。早いものです。

 カウンターがあるウチの店には、色々な方との出会いや話が聞けるという利点がありました。

 そしてこのブログでも色々な方とお話しできたら、と考えています。
 ぜひ書き込みお願いしますね。

 今夜もどんなお客様と出会えるか、楽しみです。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

スタッフ紹介 Feed

2009年4月 1日 (水)

平成2年式。

 今日から4月。


新しい年度がスタート。

そんな中、
ウチのお店に新しい娘がやってきたshine

その子は平成two年生まれ。

ピチピチ(死語)の
oneeight歳だ。


昭和45年式の僕とは、20年もの差がある。


ウチの「サブちゃん」とも10歳の差が。。sweat02


僕個人でいえば
「平成生まれ」と仕事をするのも初めて。

どんな子なんだろう??freedial

話をしてみると、


「時代の区切り」として使われる

≪ 昭和 ≫と≪ 平成 ≫の差はあまり感じられない。


感じるのは「経験の差だけ」だ。


人それぞれなのだと思った。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


 20年前、【 濱田家の門 】をくぐったあの頃。

緊張のあまり
何もしゃべれなかったあの頃の自分を見ているようで

見ているこちらが
「初心」を思い出させてもらった。


ナニも出来ないのにそんな事をしてくれる。


まだ未成年なので
写真はご勘弁願いたいのだが

しっかりした良い娘だ。


時間をかけて育てていければと思う。


若い頃の数年・数か月は
とても大事。


無駄な時間、経験など何も無い。

     『 あの頃、桃の井で働いて良かった 』


彼女の結婚式notes


そう言われてみたいものだhappy01。          もも


2009年2月 5日 (木)

置賜タウンどっとこむ

【 置賜町のホームページをご紹介します。 】


トップページが
色々な写真に変わって行きますが、

その中に「しらさか」さんの看板が見えます。

昔はココで商売をしていました。


昔から続く『 古き良き時代 』。

 その名残り(失礼)をも感じさせてくれる良い町内会だと思っています。


この街にだけ吹く風がある。


そんな気がしています。             もも


2008年4月 5日 (土)

がんばれ

 今回は、ウチのバイト君 【 タカ 】の事。


 どうも最近、動きが悪い。。wobblysweat02


何をやって良いのか分からなくなり
 手が止まってばかりbomb

そんなもんだから
スタッフみんなに注意されまくりannoyannoyannoyannoypunch

最初の元気はどこエやら・・・rain

 だんだん声すら出なくなりましたsaddown


まかないの時間になり
二人で話すことに。。。。。。。。eardrama


 桃 「どうしたん? テンでダメじゃないか・・・
     正直、仕事しててもつまらないだろう?」


 タカ「・・・はい。」


 桃 「今のおまえは、午前中部活。 午後は仕事。
    ただ、それだけを【こなして】いるだけじゃないのか?」


 タカ「・・・・・・・・・・・。」


 桃 「俺には、今のお前の日常が透けて見えるぞ!
    大学も休校だからって寝る時間もマチマチ、
    部活も仕事も 
    ただ、ソコに身を置けばいいってだけの気持ちじゃないのか?」


 タカ「・・・・・・はい、確かにそうです。」


 桃 「俺たちゃ生活掛かっているからな、
     そんな奴に居られると
      気分悪いし、ジャマだし、
    そんなだったら来なくていいぞ!!
     なんなら他の店紹介するか?!


 タカ「sign02・・・・・・・・・いやです。


 桃 「自分の管理が出来なくてどうする?!
     きちんと規律正しい生活してみろ!!
    
    お前と同じ歳で、
    18から社会人になった人たちは
    もっとしっかり頑張っているぞ!

    大学で4年、卒業したあと
    おまえは田舎帰るんだろう?!
    その友達とどれぐらい差が開くか
    考えたことあるか?

    お前はもっと頭良いハズだろう?
    なぜ考えない?!
 
    もう4年間のうちの半分経ったんだぞ!
    2年も経って、どれだけ成長したんだ?


    努力して、精一杯やっていれば
    ちゃんと自分に帰ってくる
    それは【 感動 】って形でだ。

    ただ流してやっていると、何にも帰ってこない。
     ただの一つも。何もだ。

    目の前に同い年がいると思って
    切磋琢磨してやってみろsign03


タカ「・・・・・・・・・・・・。」


桃 「どうする!? やれんのか!?」


タカ「はい。がんばります。」


途中から泣き出してしまったタカsweat02

だいぶ、辛いことを言った。

これだけ言われたのは初めてだとタカは言った。

山形の親元を離れ、
福島で一人、頑張ってはいる。

それは僕も
高校を出てひとり東京に行ったから分かる。


だからこそだ。


18~22歳という
【 タカだけの時間 】はもう二度と来ない。


後になって
田舎に帰る時に

      【 ああぁ・・・あれをやっておけば良かった・・・ 】

  なんてことは吐いてもらいたくない


どこにいたって、どんなことやっていたって

 ソイツだけの時間・人生じゃないか。

 精一杯やらなきゃ絶対にだ。


 『 僕が伝えたかったこと 』

 『 いつも注意しながら思っていること 』は


       【  がんばれ  】ただひとつ。

少なくても、

 短い期間でも、

  ソイツの時間は、僕が預かっているのと一緒だ。


 毎回、僕のブログを見てくれているタカに


 記憶・記録に残るように今回のブログ書きました。


最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。

 タカ がんばれよ。           もも


2008年2月23日 (土)

本当の悩み。

 
一昨日の夜foot

久しぶりに調理場スタッフ(サブ&タカ)と
ミーティング(と、言う名の飲み会beer)を開きました。


今回のメインは『 タカ 』。


このところ「元気が無いdown」というか・・
「ウワの空mobaq」というか・・
仕事をしていてもミスばっかり・・・despair


こりゃ一度話を聞いてみないとダメだということになり
仕事が終わるころに呼んでみました。phoneto(タカは、この日休みでした)


桃&サブ『どうしたの?』

タカ  『・・・sweat02いや、自分でもしっかりしなくちゃ・・・とは思うんですけど・・・』

サブ  『俺とか若旦那(僕の事)が「ガンガンpunch」言うからか?』

タカ  『・・・僕がやった事じゃない事でも注意されたりしますよね・・・』

桃   『ん。分かってるよ。 タカがやってない事ぐらい。』

タカ  『 ? 』

桃   『タカに言いながらサブに言う時があるんだよ。もちろんその逆もある。』

タカ  『 ??? 』

桃   『タカにサブの失敗を言うときは
     サブに対して遠まわしに「しっかりしろ!」と言うこと。
     サブにタカの失敗を言うときは
     サブに対して「タカの事ちゃんと面倒見なきゃダメだろ!」
     と言うこと。』(結果、両方サブに対して言っています。)

タカ  『んんんん~・・・(悩)』

「直接」言うことが、いい時と悪い時とあります。

まだタカは見習にもなっていない中途半端な時・・・・。

社会に入って何から覚えるって
仕事ではない。

今タカは「我慢」を覚える時なのです。

これを経験し、覚えている人間は本当に強いpunch


タカの良いところは
「自分でやっていない」ことでも「ハイ!」と言えること。

社会人になったら、誰もが一度は経験し
必ず通る「理不尽」に悩んでいました。。。

桃   『タカはバイトで学生。本職としてやっている訳でも無いし
     本業(勉強)をしっかりやらないとダメ。

     だけど俺たちゃチームだから、何かあれば全体責任なんだよ。
     
      それが≪誰やった≫だとか≪あの人がやった≫とか
     【お客様】には関係のない話なんだ。

     お客様から見たらeye
     バイトだろうが何だろうが「白衣を着たプロの職人」なのだから。

     大事なのは『お客様に迷惑にならない』こと。
      お前が元気なくしてミスばかりすると
     料理出るのが遅くなってお客様に迷惑が掛かる。

     聖域(調理場)に入ったならば
     『気持ち』込めてお料理作ってもらわなくちゃ困るよpunch。』

バイトと言っても
その人間の大事な時間を借りている訳だから
いい加減なことや中途半端な事は教えたくない。


よく友達には
「桃はバイトにもソレを求めるからなー」と言われますが。。。。sad


この日、タカに言った事は

① 調理場に入ったら他の事は考えない。
② 時間通り入店する。
③ 縦社会について。

タカは小さい頃から「剣道」を習っていて、凄く真っ直ぐな性格。
今の大学生の中でもトップクラスの「生真面目さ」を持っています。

しかし、上との付き合いがイマイチ分かっていない様子。


     徐々にオシエテあげましょうpunch


なんたって「大学生」は「プレ社会人」なのですから。
今のうちに覚えておくほうが、いいに決まっている・・・。


この後、いろんな話をして少しスッキリshineしたタカは
夜中だというのに「チャーハン」やら何やら
元気いっぱい食べていましたrestaurant。(ウンウン、ヨシヨシhappy01note

さらに帰りがけ
「まだラーメンぐらいなら・・・」と言うタカdespair

さすが「ハタチ」。   恐るべしsweat02


たまにはこうして
タカやサブの話を聞いてあげなきゃなと思いましたear

いいかタカsign01 よく聞けよsign03ear

お前の器量で
【 女の子notes 】の事【 同級会building 】の事

全部ぜェ~んぶ飲み込んでやれ!!!
  ※本当の悩みはコレでしたcarouselpony

さて、
バリュープランもようやく決まり
アップしておきました。


今回のプランテーマは

         【 持ち込み 】です。


おウチに眠っている「お酒達」にbeer
日の光sunを浴びせてあげよう!
が、テーマです。

アルコバレーノのジーマーさんに電話telephoneで相談したりしながら
ようやく2つのプランflagflagが完成scissors

皆様のご利用、ご予約お待ちしております。。。


長々と失礼しました。     もも

2008年2月 4日 (月)

「ヘアーサロンさんかく」

お疲れ様です。

今日は
昨日もお邪魔した
いつもお世話になっている【 床屋 】さんをご紹介します。

もともとは「置賜町」にあった床屋さんで
今は天神町に移転しました。

 【 ヘアーサロン さんかく 】

場所は福島銀行本店の真向い。

去年の暮れ、

おせちが終わってから無理やり

『 切ってチョ―ダイっ! 』

と、お願いをして切ってもらいました。。


疲れもあってそのまま2時間。。。

熟睡!!sleepy


気を使って起こさずにいてくれて

気がついたら店内には1人もいない状態。。スミマセンでした。sad

マスターと奥さんは

「良いんだよ、気にしなくて。
 もう今年はこれで終わりなんだから・・・」

と言ってくれて

お風呂に入れる入浴剤までいただきましたspa(感謝感謝・・・)

娘が乾燥肌なので、それ以来使っていますshine


いつも僕を担当してくれているのが
マスターの息子さん。 

本田和彦君。scissors

なかなかの美少年shine

少年と言っても、奥さんもいらっしゃるしお子さんもいます。

お客様がいらして、たとえ顔を忘れていても
その【  】に触れた途端

「あ、あの時のsign01 」

と思いだす、腕も確かな【 職人 】さんです。


奥さんもお店に出ていて、家族総出で頑張っていますpunch

他にも
マッサージがとても上手で、気配り・心配りが出来る「久美ちゃん」も居て

今、凄く気に入っている床屋さん。


ここに来る時は気分をリフレッシュしたいとき。


みなさんもぜひ一度足を運んでみては?


今日は営業終了後にシーリンの鈴木さんのところへ行って勉強会event

寝るまで楽しみが尽きない一日になりそうです!

2008年2月 2日 (土)

鈴木さんっ!

急なことでした。

営業時間中に
シーリンの鈴木さんが来てくれました!

彼の店も営業中なのに・・・。


年は同い年。
僕は和食。彼は中華。

互いに相手の仕事はわからないので
興味津津。。

おせちをやっていた時に
「手羽中」に山椒を振って焼いたのですが

それを【 中国の山椒 】でやったらどうなるかを
彼に質問したのです。

そうしたら今日わざわざ持ってきてくれました!(感激!!(@_@。。。)

中国の山椒は
香りがものすごく強い!
ビニール袋に入れてても、【ぐわっ!】と来て
すぐバレるぐらいでした。


味も「濃厚」かつ「シビレる」!


試しにウチの「サブちゃん」に食べさせたら(自分では食べない)


  『 ウっヒョヒョヒョォーっ!!\(゜ロ\)(/ロ゜)/ 』と飛び上ってました。

どうやら酸味のおかげで
ヨダレが滝のように出ている様子・・・。

『 若旦那! ヨダレが・・・ヨダレがぁ~~っ!!  あああぁぁ。。。』


  (絶)。。。チ~~ン。


サブ。
君を失ったのは悲しい出来事だが
君の死を無駄にはしないよ。。。。サブ。

美味しい料理を作ることを君に誓うぞ。


シーリンについては
こちらからどうぞ!  

サンキュー 鈴木さんっ! (^o^)丿

2007年12月19日 (水)

友人紹介!

 
 気がついたら久し振りの書き込み。

 色々と書きたいことがあったのですが・・・

 まずは僕の身の回りの友人をご紹介したいと思います。


まずはこの人、【 三浦こうき 】君。

福島の栄町にある「バー・ライブラリー」のマスター。

 福島のバーの老舗「木馬館」での修業後、
東京に出て数々の有名店でその腕をふるってきた男bar

 その中でも「セカンドラジオ」という
 バー業界の中では重鎮とされている人のお店に従事。

 お客様はじめ、従業員の中でも【熱い】信頼と信用を得て
 惜しまれながら帰郷bullettrain

 この「酒をこよなく愛す」男に魅せられて来店する人は日々増加!up

 僕にとっては大事な「飲み友達」。一緒に飲むと飲み過ぎてしまうのが玉にキズsad

 とっても楽しい男です。 ぜひ一度足を運んでみてください!

 僕的に絶対の自信アリです!!!happy01



次に紹介するのは、以前もご紹介した【 菅野順也 】さん。

この日も釣り具メーカー「がまかつ」のテレビ取材movieの為に
宮城県まで釣りをしに行ってきたそうです。

見て下さい! この愛車のナンバー!!car
「1091」

「入れ食い」だそうです!

 生活の半分を「釣り」に使うプロ顔負けの男っ!
 今日もタラを10数本釣ってきたそうです・・・。



 最後に紹介するのは、ウチのスタッフで福島大学在校の【 タカ 】クンです!
 
 山形から福大に入学し、将来の目標は【 警察官 】。
 生真面目でやさしい性格のタカには、ピッタリの職業かも知れません。

 でも、「料理を造る事restaurantにも興味がある」とのことで
 学校・部活に支障ない程度に手伝ってくれています。

 イインダヨ、警察官になれなくても・・・

 イインダヨ、ウチの店でもっと修業がしたいと言っても・・・

 イインダヨ、じっくり考えな。


 今回は3人のご紹介でしたupnote

2007年10月 4日 (木)

釣り人。


 今日は、僕の高校時代の後輩と結婚をした「プロフィッシャーマン」
【菅野順也さん】をご紹介します。

 実はこの方、その業界では『知る人ぞ知る』名プレイヤー。
釣りの専門誌などの特集ページによく出演をし、
沖縄の「釣り針業者」さんに【菅野順也プロデュース】の釣り針を作ってもらい販売されるほどの達人なのです。

 恥ずかしながらこの僕は「星形」のウニョウニョしている物しか釣りあげられないズブの素人。

 そんな僕と、ひょんな出会いから釣った魚を直接卸してくれる仲に。
 どこに出会いが待ち受けているか分かりません。

 この写真は今年の仙台湾レコードの平目(94cm)と真タラです。

 こんな魚を実力で釣れたら・・・いいなぁ~。


 

2007年9月 6日 (木)

石黒○ん?

 昨日(5日)、「ぐるなびを見てきました」と一人のお客様が来店してくれました。
 東京から仕事をしに、福島県全土を回っているとのこと。

 俄然、興味を持ちました。

 明日は、いわきの方まで車で行くとのこと。
『台風来るから、行かない方がいいよ!今日は飲んじゃって!』
などといい加減なことを言いながら、楽しい時間を過ごしていました。

 途中、なんか奇妙な感じに襲われ「なんだろう?この感じは」と考えました。
写真ではビミョーなのですがこのお客様、あの「石黒○ん」さんに似ているのです。(いや、実際の雰囲気とかホント似ているんですよ!)

 隣に座っているのが僕なのですが、これまたビミョーに「石黒け○」さんに似ていると言われているんです。(石黒さん、勝手なこと言ってスミマセン)

「やっぱりヒゲが濃いところかなぁ~?!」「ココからココまでだけどねぇ~!」なんて本人いないところで勝手に盛り上がってしまいました。

かくして二人で記念写真を撮ることに・・・

次回福島に来るのは1年後という話でしたが、また「石○けん」話に花を咲かせたいと思います。(笑)

台風心配ですが、素晴らしい笑顔でお仕事がんばってください。
安全運転でどうぞ。

味乃桃の井 のサービス一覧

味乃桃の井
  • TEL050-3463-9289