プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

この道に入って20年・・・。早いものです。

 カウンターがあるウチの店には、色々な方との出会いや話が聞けるという利点がありました。

 そしてこのブログでも色々な方とお話しできたら、と考えています。
 ぜひ書き込みお願いしますね。

 今夜もどんなお客様と出会えるか、楽しみです。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

福島自立更生促進センター Feed

2010年5月27日 (木)

~ 面談を終えて ~


今日は、
国会議事堂の中にある



衆議院 民主党幹事長室まで行ってきました。

全国から集められる陳情や要望は
一度ここ(幹事長室)に届けられ、小沢幹事長が各省に分配するそうです。

僕達の集めた署名と要望書に対し、
真摯に対応してくれたのは
樋高 剛(ひだかたけし)副幹事長さんでした。


その立場・役職で忙しいのでしょう。
大粒の汗をかきながらも
しっかりと私達の声に耳を傾けてくれました。

これまでの経緯と
福島市民は、まだ理解出来てはいない状況だという説明をしました。

入所の準備が進み
「6月頭にも入所するとのうわさがある」と話をしたら


『 そんな…、今日は木曜日でしょ?来週の話じゃないか 』

『 これから本会議があるので、その前に法務副大臣に話をします 』

と言って下さいました。


最後に素晴らしい笑顔で
『 遠くからご苦労さまでした 』

と言ってくれたうえに

分厚い手で
 ギュッと握手してくれました。


     ~ 信用できるアツい手の平でした。 ~


。。。。。。。。。。。。。。。

今後は、

”政務三役”と呼ばれる、
「法務大臣」・「法務副大臣」・「政務官」の御三方と、

僕との間に

福島第一区の「石原洋三郎議員」を入れて話をするという事でしょう。

なんだかすごい事になってしまいました。。。
どうなっていくのか
今の僕には到底わからない状況です。

兎にも角にも、

今日、樋高さんが
副大臣と話出来たのかどうかもわかりません。


そして、
石原洋三郎さんからいつ連絡があるのか

今は、
「連絡待ち」の状態です。


。。。。。。。。。。。。。。。


僕は、
これだけ反対がある中で運営を始めても
良いことなど何もないと考えています。


『 2年間も待ったじゃないか 』と保護観察所は言いますが


僕たちは
『 2年間も、この場所はふさわしく無い 』と言い続けてきました。

賛成派・反対派どちらも
『 学校密集地域が良い 』などとは言っていないのです。

。。。。。。。。。。。。。。。


自立更生促進センター構想が立ちあがった理由は
なんだったのでしょう。

もう一度考えてみました。

① 仮出所出来るはずの模範囚が、
  ”身寄りがない事だけ”を理由に
  満期釈放になってしまっている事が一つ。

② 日々努力なさっている保護司の方々が、
  高齢となって
  体力的な限界を感じてらっしゃると言う事も一つ。


『だから早急に国がそれを支援する必要があるのです。』

と法務省は言います。


~刑務所の収容人数が許容範囲を越えている~
と言うのも一つあるのかも知れませんし、
この他にも、まだ何かあるのかも知れませんね。

しかし、

だからと言って更生保護の理念の一つ

   ≪ 地元の理解と協力が必要不可欠 ≫

というものが決定的に欠如している今の福島の状況で

強引・強行に事を進めていっても上手くはいきません。

       ~ 必要不可欠 ~


法務省や保護観察所は
必ず要なもの”と“欠けてはいけないもの”を


『 全市民の賛成を得ようとは考えていない(保護観察所・談)』 
                    5月13日 福島民報 

とまで言い切り、“放棄”してしまっている。


。。。。。。。。。。。。。。。。

目標は何だったのですか?
何が目的だったのですか?

【 開所 】が目標・目的ではないはずです。

   本来の目標目的は、むしろ運営を始めた後。

仮出所された人達の
「自立」・「更生」と、「社会復帰までの工程」が
目標であり目的だったはずです。

何度も書きますが
それには理解と協力が必要不可欠なのです。


強硬な姿勢に出てまで、何がしたいのでしょうか?

。。。。。。。。。。。。。。。


“ごり押し的な“開所宣言や

中立であるはずの報道陣からでさえ


【 強行 】【 強引 】と表現されてしまう今の状況は

もはや
仮出所者の事を考えてではなく
【 役所の一方的な都合 】でしかありません。


       ~ 開所宣言はあまりにも唐突 ~

          ~ 時期尚早 ~


福島市議会が福島保護観察所に言った、

その二つの意見が
反対をしている福島市民の総意だと思います。


。。。。。。。。。。。。。。

賛成している方々、
賛同している方々、
当然いらっしゃいます。

でも
もう少し待っていただきたい。
もう少し時間を頂きたい。


更生保護に対する理解・協力には
「時間が必要」なのだと思うのです。

そして、

少しだけ時間をかけながら

学校密集地域での運営が
”本当にふさわしいのか”を議論して欲しい

  「 もっとふさわしい場所があるのではないか 」

その事を
一緒に考えていただければと

切に願います。


2010年5月18日 (火)

暑い暑い。。。

さっき、
銀行まで行ったら


気温計がthreeone℃と表示されていましたsun

寝不足の僕にはチトキビシイ一日ですね。。。coldsweats02

昨日は業者さんと打ち合わせ。

今日は調理師会の集まり。

明日は気の合う人達との交流会。


続く時は続くものです。

凹んでみたり

持ち直してみたり、

”元気の元”を
探しています。


あ、
昨日は偶然お客様に会って元気もらいましたshine

佐藤さんって言う人で
40代の”チョイ悪親父”です(笑)

やっぱり”人休み”は
ありがたいですね~confident

少しだけ休みたい気持ちもありますが

今日も元気に
お客様をお迎えしようと思いますrock。            もも


。。。。。。。。。。。。。。。

まだまだ署名集めています!

新・署名用紙のダウンロードはこちらからです。


署名用紙は僕のところにもあります。


以前、
8万を集めた時に署名した人であっても
もちろん署名してください。

「まだまだ理解はしていない」と言う事を示すためのものです。


福島市民でなくても署名することは
もちろん可能ですし、


  ~ 日本国民として、強行開所には反対 ~


と賛同していただける方がいらっしゃいましたら
是非、ご協力ください。


お送り先は

〒960-8051
福島市曽根田町6-10 第八モールドビル2階 熊坂良太   

もしくは僕のところまで。

どうかよろしくお願いします。


2010年5月15日 (土)

集めた署名、届けてきました。


福島中心市街地で働く
飲食店の皆さんで集めた熱き署名。


確かに届けてまいりました。


期間は
ゴールデンウィークが間に入ったので
約2週間ほどでしたが


onesixthreenine名もの署名が集まりました。

ご協力いただいた皆様に厚く御礼申し上げるとともに

感謝の念をこらえる事は出来ません。


誠にありがとうございました。


。。。。。。。。。。

民主党福島第一区総支部では

地元福島第一区で衆議院議員に選出された

石原洋三郎議員が直接対応してくれました。

僕が強く要望したのは

千葉法務大臣に福島へ来ていただく事。


地元の声を直接聞いて欲しいからです。


国と地方のパイプ役になるのが
国会議員の役目でしょう。


本当に何とかしていただきたい。。


さらに、

保岡大臣(当時)が
『 役所の都合で開所はしない 』と言っていたのに

突然
民主党になってから強行開所とは何事だ

と言う点です。


僕は議員でもなんでもありませんから
ムズカシイ事はわかりません。。。


ただ、

有志の会代表として

一市民として

親として

要望してきました。

チョットだけ疲れました。。。


。。。。。。。。。。。。

みんなが幸せになるように

みんなが納得出来るような手立てはないものでしょうか?


    ~ このままではいけない ~

    ~ もっと時間が必要だ ~


それだけは分かっているのですが・・・。        もも


2010年5月14日 (金)

明日は

明日は、
福島市内の各小学校などで
運動会が行われますねsun


気温が上がらないようなので、
風邪をひいたりしないよう

参加する子供たちや
応援する御家族の皆さん

頑張って頂きたいと思いますrockupupup


。。。。。。。。。。


僕はと言うと


福島社交飲食業組合安心と信頼を守る有志の会
(ナガッタラシイ名前ですが…)

が集めた反対署名用紙を

現政権である民主党に届ける事になっています。

なかなか止まる気配を見せない
センター入所の動きですが、

皆さんから預かった
1600を超える署名を

届けてきたいと思います。

※ 合同会で集めている署名とはまた別なので
  合同会の署名活動はまだまだ続いていますよ


。。。。。。。。。。。


”有志の会”としては
今後どのように活動していくのかまだ未定ですが、


反対する合同会と連携をして

福島市民の気持ちや願いを

国・法務大臣・法務省・保護観察所に

届けていきたいと思います。


。。。。。。。。。。。。。。

     ~ 時期尚早 ~


そのように

福島市議会の人達が

直接、保護観察所長やセンター長に言っても


『 反対運動が起こるのは織り込み済みだった 』と言い、

『 粛々と入所準備を進める 』

『 市議会の要望は尊重するが、出来ないものはしょうがない 』


と言います。

平成14年4月4日

参議院法務委員会による
更生保護事業法などの一部を改正する法律案に対する付帯決議には

【 更生保護事業が、
  地域社会の安全及び住民福祉の向上に寄与することに鑑み

  より地方公共団体の必要な協力を得ることができるよう努めること。】


となっているそうです。


今の現状が
その付帯決議に反しているのは明らかです。


日本の更生保護事業

そして

現政権である民主党は

どこへ行くつもりなのでしょうか。。。        もも


2010年5月12日 (水)

宝物。


今日も僕のところに

沢山の署名用紙が届きました。


中には
一人で60名以上の署名を集めてくださった方もいました。

実際に集めてみると

「署名活動」と言うものは
もの凄く大変です。

想像をするだけで・・・


泣きました。


中には
心のこもったお手紙も添えてありました。

   ” くれぐれもお体、大切に ”

   ” いつでも、全力で応援してます ”

ありがとうございます。


本当に
ありがとうございます。

今、この封筒は
僕のパソコンの前に立てかけてあります。


”いつでも見れる位置に”


疲れている心と身体を支えてくれる

リポビタン的な、

タウリン2000的な手紙でした。

僕の宝物です。

                         もも


2010年5月 2日 (日)

大阪より友、来たる。


突然のご来店でした。

。。。。。。。。

僕は
営業が始まっても、

外に貼り出すメニューをパウチする為
2階での作業に追われていました。。sweat01

ようやく全てのメニューをパウチし終わり

1階に降りると、
ホールスタッフが僕に言いました。


スタッフ 『 若旦那のお知り合いの方ですかね? 

       ”若旦那さんはいらっしゃらないの?”と

       聞かれましたよ。 』

もも   『 ヱ”? お名前お聞きしたの? 』

スタッフ 『 ”ヤマダさん”とおっしゃってました。
       大阪からいらしてるみたいですよ。 』

もも   『 ヤマダ・ヤマダ…大阪?・・・・・ 』

             sign02sweat01


もも   『 もしかしてなつきさんsign02 』


もも   『 失礼しまーす…sweat02 』

恐る恐る掘りごたつの部屋を開けてみると
ご家族4名様が座ってらっしゃいました。

始めて逢うはずのその人達は
僕の事を見てニッコリとほほ笑みました。

なつきさん 『 なつきです。初めまして! 』

奥様    『 どうも、ももさん 』

子供達   『 こんばんわー 』

ビックリしてしまって
思わず鼻水が出てしまいましたdash(笑)


なつきさん 『 ほら、アレ出してbleah 』 

奥様    『 これ、お土産ですーhappy01 』

お土産と言うには

かなりの量でした。。。


ご家族4人 『 コレみんなで召し上がって下さいwinkwinkwinkwink 』

アワワ、アワワと泡喰った僕は
お礼もソコソコに

オーダーいただいた品々を作りだしました。


。。。。。。。。。


全部出し終えた後、

僕は初めて
お客様の席に”長居”をしました。

なつきさんと知り合って2年以上。
なつきさんがオープンしてから半年。

奥様とも長い事お付き合いをさせていただいていました。


逢いたくて逢いたくて
ずーっと逢えずにいた【 仲間 】。


何から話して良いのか
どんな話をすれば良いのか

悩みながらも
自然と言葉が口から溢れてきます。

お土産の中には
沢山の署名用紙

嬉しくて嬉しくて
”人の温かみ”というものを感じました。

jillママさんの話や、

今回の福島自立更生促進センターの話、

辛い事や、
恐い事、

話しているうちに
僕は思わず泣いてしまいました。


僕は、
一度泣いてしまうと目が赤くなってしまうので

「泣いてはいけない、泣いてはいけない」
「こらえよう、こらえよう」と思ったのですが


我慢すればするほど

涙が溢れて止まりませんでした。


やはり恐いのです。


仮釈放される人達の事ではありません。

恐いのは
”誹謗中傷”です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。


なつきさんと
奥様と

”握手”をしました。


別れ際、
名残り惜しくて、もう一度握手をしました。

また泣きそうになりました。

仲良く
家族4人で歩いていく後ろ姿を

見えなくなるまでずっと手を振りながら、見ていました。


このご恩は忘れません。

握り合った手の厚み、
忘れません。


今度は僕が大阪へ行く番です。


。。。。。。。。。。。。。

≪ 今日 ≫と言う日が
どんな日になるかなんてわからない。

≪ 明日 ≫がどんな日になるかなんて
誰にもわかりません。


だから精一杯過ごそうと思います。

『 あの時、こうすれば 』だなんて言葉は吐きたくないのです。


今僕に出来る事を
精一杯やろうと思いました。

このブログで知り合えた【 仲間 】と呼べる人達の、

”熱き思い”を胸に。

また明日から前を向いて。         もも

2010年4月27日 (火)

民主党になった途端に強行開所?!

僕の元へ

沢山の反対署名用紙が届けられています。


昨日は

ある業者さんが
わざわざ電話telephoneを掛けて来てくださって

「 例のセンターの件ですが、
   社長が『反対署名を送ってくれ!』と言っています。
   お願いできますか? 」

と言ってくださいました。


本当ならば
僕から行かなくてはならないのに・・・

嬉しいやら、申し訳ないやら。。。

今日は今日で


昨日とは別な業者さんと、

古い友人が、

わざわざこの雨の中、
反対署名用紙を取りに来て下さいました。

そして・・・


お隣の『 てんぷら ひら井 』のしんさんも。


” こんなにも… ”と言うぐらいの反対署名数です。


しんさん 『 まだ来週にも届く予定でいるからangry 』

     『 頑張ってね、ももちゃんup 』


そう言って彼は走って行きました。


皆、忙しい中での
署名集めです。

その苦労は並大抵ではありません。


この反対の声が
どのぐらい集まるのか

そして…


民主党にこの想いは届くのか


千葉法務大臣に届くのでしょうか。。。

。。。。。。。。。。。。。。。。

     【 民主党になった途端に強行開所 】

その感じは否めません。


千葉法務大臣に
”本当の福島の現状”は届いているのか?

自民党政権時代、
保岡法務大臣(当時)は

『一方的に、役所の都合だけで強行してしまうような事はしない』

と言って下さいました(08年9月4日)。

民主党政権に代わった今の現状はまさに

『 役所の都合だけで強行開所 』です。


民主主義とはなんなのか。


民主党が掲げる「 国民の生活が大事 」とはなんなのか。


大臣に直接会って話を聞いてみたい。


強行にしてまで開所したい理由を。            もも

新・署名用紙のダウンロードはこちらからです。


署名用紙は僕のところにもあります。


以前、
8万を集めた時に署名した人であっても

もちろん署名してください。

「まだまだ理解はしていない」と言う事を示すためのものです。

福島市民でなくても署名することは
もちろん可能ですし、


  ~ 日本国民として、強行開所には反対 ~


と賛同していただける方がいらっしゃいましたら
是非、ご協力ください。


お送り先は

〒960-8051
福島市曽根田町6-10 第八モールドビル2階 熊坂良太   

もしくは僕のところまで。


どうか
よろしくお願いします。

2010年4月26日 (月)

ありがとうございます。


25日、日曜日。


福島駅から県庁。

県庁から福島駅と2往復してきました。

僕個人的にも初めてのデモ行進。

大きな声を出しながらの行進は
想像以上に疲れました。


僕は、
8万人の声(反対署名)を見て・聞いて、

強行に開所なんて出来るのか

本当に不思議なんですョ。

≪ 民主主義 ≫ってなんなんですかね? 

。。。。。。。。。。。。。。。。

「沖縄の反対集会には9万人集まった」と新聞報道にありました。

反対署名は8万人。


沖縄は、「移設は難しくなった」

福島は、「強行に開所」

どんな違いがあるのでしょう。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。

jillママさんと

ナガリュウさんから

署名用紙が届きました。


お二人は大阪の方々です。

遠く離れているお二人には
この想い、

拾っていただきました。


東京にいる法務大臣にはこの想い
届くのでしょうか?

これだけの反対署名と

これだけ
『あの場所では困る』
『あの場所よりも良い場所で』
という願いは届かないのでしょうか?


民主党の掲げる【 人権の尊重 】とは

受刑者のみにしか向けられていないのでは?


そう思えてしょうがありません。


地域で暮らす人間や

その周辺の学校に通う子供達の人権には

一切の「配慮」や「誠意」、「思いやり」を感じる事が出来ない。

でなければ、
『 最初から場所を移すことは考えていない 』(曽木保護局総務課長)

などと言う言葉は

絶対に出てこないはずです。            もも


2010年4月24日 (土)

『 民主主義ですから 』


鳩山首相の談話がニュースになっています。


『 高速道路の新たな料金制度をめぐり、
  前原国交相と民主党・小沢幹事長の対立が深まる中、

  鳩山首相は23日夜、
 「 民主主義ですから、

   国民の皆さんのお声というものを大事にしながら、
 
   もし、変えるべきところがあれば変えるというのは、

   ある意味当然のプロセスではないか」と述べた。 』


【 民主主義。】

【 国民のお声。】

【 当然のプロセス 】


まさに
自立更生促進センターの問題に当てはまるのでは
ないでしょうか?


国民の声をないがしろしに、

「 建ててしまったから 」という理由だけで

強行に開所する。

これは首相が言うように

【 民主主義に反する行為 】であろう。

来週にも
”正式に開所を宣言する”との情報もありますが


明日、日曜日には
≪ 決起集会・署名活動・デモ行進があります ≫

ここは本当に日本なのでしょうか?


明日、是非とも
駅前周辺、

県庁前に集合していただきたい。


こんなことが許されて良いはずがありません。

。。。。。。。。。。。。。。。。

明日、 日曜日に

福島駅前で大規模なデモ行進をします。

時間は午後1時からです。

1時に駅前集合
署名活動をした後、


1時半に県庁集合

2時から県庁前にて集会開始

2時半に県庁前を出発をして→ 駅前 → 県庁

のコースをたどり
シュプレヒコールしたいと思います。


福島の反対の声はまだまだ落ち着いてなんかいない。

あの場所での開所は認められない

強行開所などもってのほかだ


国へ、法務省へ、福島保護観察所へ
この想いを届けたい。

プラカードなどは各自持参です。

一人でも多くの参加をお願いします。


新・署名用紙のダウンロードはこちらからです。


福島市民でなくても署名することは
もちろん可能ですし、

  ~ 日本国民として、強行開所には反対 ~

と賛同していただける方がいらっしゃいましたら
是非、ご協力ください。

〒960-8051
福島市曾根田町6-10 第八モールドビル2階 熊坂良太   まで

~ 声が嗄れるまで ~


明日の日曜日、

県庁前から福島駅前まで大規模なデモ行進します。


時間は午後2時から。

1時に駅前集合
署名活動をした後、


1時半に県庁集合

2時から県庁前にて集会開始

2時半に県庁前を出発をして→ 駅前 → 県庁

のコースをたどり
シュプレヒコールしたいと思います。


福島の反対の声はまだまだ落ち着いてなんかいない。

あの場所での開所は認められない

強行開所などもってのほかだ


国へ、法務省へ、福島保護観察所へ
この想いを届けたい。

プラカードなどは各自持参です。

一人でも多くの参加をお願いします。

このまま開所。

このまま入所。

このまま運営。

して良いのでしょうか?


福島市民にとって、

そして
入所するであろう仮釈放者にとって

話し合いを一方的に寸断し

【 強行開所 】という形で始める事が


この国の”国策”として

この国の”更生保護”にとって

本当に良い事なのでしょうか?

福島のアツい想いを

是非一緒に体感してください。

是非、
皆さんの力をお貸しください。


僕は

声が嗄れるまで
叫び続けます。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


新・署名用紙のダウンロードはこちらからです。


福島市民でなくても署名することは
もちろん可能ですし、

  ~ 日本国民として、強行開所には反対 ~

と賛同していただける方がいらっしゃいましたら
是非、ご協力ください。


〒960-8051
福島市曾根田町6-10 第八モールドビル2階 熊坂良太   まで

味乃桃の井 のサービス一覧

味乃桃の井
  • TEL050-3463-9289