プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

この道に入って20年・・・。早いものです。

 カウンターがあるウチの店には、色々な方との出会いや話が聞けるという利点がありました。

 そしてこのブログでも色々な方とお話しできたら、と考えています。
 ぜひ書き込みお願いしますね。

 今夜もどんなお客様と出会えるか、楽しみです。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

大震災 Feed

2012年8月14日 (火)

福幸祭を終えて。

 

福幸祭が無事終わりました。

 

 

 

夕方、雨が降る予想だったのですが佐原地区には1滴の雨も降らず

 

(福島市内は一時期土砂降りになったそうですが・・・)

 

文字通り私達のお祭りに水を差すことなく大成功のうちに幕を閉じました。

 

 

 

今回、このお祭りに参加したのは

 

神奈川の太鼓チーム「暁」さんと、東京阿波踊りの「しらいし連」さん。

 

福島大学の災害ボランティアセンターの皆さん。

 

「目に見える支援プロジェクト」の皆さん。

 

そして佐原と森合の応急仮設住宅に住む方々

 

総勢180名のイベントでした。

 

 

 

今回のイベントの為に金曜日から福島入りをして、会場の設営をしてくれた「目に見える」のメンバーや福大のボランティアの人達。

 

前日から福島入りし、太鼓の演奏や阿波踊りで大いに盛り上げてくださった各メンバー達。

 

 

 

震災前。

 

あの福島市の山奥にこれだけの人達が駆け付けるだなんて誰が想像できたでしょうか。

 

本当に感謝の一言に尽きます。

 

 

 

「応急仮設住宅」。

 

それはあくまでも「応急」「仮設」であり

 

永く住めるものではありません。

 

 

 

今回初めて仮設住宅の現状を目の当たりにした人達の方が

 

私達毎月来ている人間よりもそれを強く感じたと思います。

 

 

 

震災直後の4月から7月まで調理師会での炊き出しを終え

 

9月から「目に見える支援プロジェクト」の一員として携わってきたこの活動も一年を迎えました。

 

 

 

「あの日」から早15カ月。

 

 

 

復興よりも復旧。

 

普通の生活を取り戻すため、そしてそれを継続して支援する為にも

 

私達ボランティアだけではなく、各報道機関の方々にも

 

「まだ震災は終わってはいない」「この現状に馴れてはいけない」「忘れてはいけない」

 

そう声高らかに伝えて頂きたい。そう思いました。

 

 

 

この日僕が報道各社の皆さんに、唯一お願いした事は

 

「子供たちの笑顔を撮ってください。」という事でした。

 

 

 

それが復旧・復興の力になると思ったからです。

 

 

 

これから30年もこのままだなんて考えたくありません。

 

私達の宝はこのままここに住ませてはいけないのです。

 

 

 

最後に

 

今回、目に見えない支援・ご協力を頂いた関係各社・個人、

 

全ての皆様にこの場を借りて御礼を申し上げたいと思います。

 

本当にありがとうございました。

 

 

 

そして、二つの仮設に住む皆さん。

 

また来月お伺いします。

 

 

Image


もも

 

2012年6月13日 (水)

避難区域でまた自殺。。

また自殺者が出てしまいました。

避難区域また自殺か 小高の男性、自宅で首つり

悔しいです。。。

以前にもあった自殺。

福島県外のニュースで取り上げられたかどうかはわかりませんが・・・。

仮設に住む人達が

ただ1年3か月過ごしてきた訳ではないと事は

私達被災地の人間でなくとも皆さん容易に想像出来るかと思います。

故郷を離れ

知人と分かれ

家族と引き離され

そんな中、慣れない土地でみんな生きてきました。

去年の4月。

調理師会で行った避難所、梁川体育館。

そこの担当だった南相馬市の職員さんはこう言いました。

「 3日も居れば帰れるものだと思っていました。 」

今年の9月。

初めて行った仮設住宅に住む自治会長さんは僕達にこう言いました。

「 ここでの生活は2年が限度だ・・・  それ以上は無理だ 」

先日の二本松市の事故だって、
避難者同士の事故でした

やり切れない想いに心がひしゃげてしまいそうです。。

こんな想いをしているのは僕だけではないと思います。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

福島市に住むわたし達も

未だ自宅の除染などは済んでいなく

行政による除染待ちです。

勝手に除染する事は有効では無いと言われています。

 ※個人個人が除染すると、逆に拡散してしまい効果が薄いと言われています。

 

そんな僕たち東北人・福島県民は

 

 『 原発事故の被害にあっているひとたちよりはまだ良い方だ。』と考えるのですが、

自分達で言うのもなんですが、

『 お人よしで我慢強いのかな? 』などと思ってしまいます。


 そう言えるのはいつのことか

『 震災はもう過去の事 』と言えるのはいつのことか


仮設に住む人達が

 

。。。。。。。。。。。。。。。。。

被災三県のガレキのうち、

岩手と宮城のガレキに関しては

各都道府県知事さん達にお願いしたい。

              もっと迅速な対応を!

僕も子を持つ親として

福島のガレキには放射能が交ざっているのだから

心配なのは理解出来ます。

しかし、2県のガレキ処理は

「 我が身のこと 」と思っていただきたい。

普通に考えて

街中に ガレキがあったとしたなら

1年以上もそのままにはしておかないと思うんです。

ましてや同じ日本国土と考えたら

県境なんて無いのではないかと。

2県の仮設に住む人達が早く元の生活に戻れるように。

それを見た福島県民に希望を持たせてくれますように。

原発に汚された故郷の地や、川、海が

一日も早く元の綺麗な場所になりますように。

もう、辛い思いをさせずにすむように。

もう

自殺者なんて出ませんように

もも

2012年4月 6日 (金)

「 最後に伝えたかったこと 」

Photo

瀧本 光静さんが出版した
「最後に伝えたかったこと 
~故人に伝えたい47のメッセージ~」の中のひとつです。

気仙沼で発見された携帯に残された最後のメールだそうです。

あの日、あの時、

こんな経験をしながら過ごしていた。

そして今も

残された人達がいるのです。

もも

 

2011年12月13日 (火)

炊き出し12月11日


あの大震災から9ヶ月。


アッと言う間と言えばそんな感じもする。

でも、
今になって思う事がある。

。。。。。。。。。。。。。。

この日、
僕は炊き出しをやっていました。

今回は炊き出しだけではなく

「お正月の〆飾り」をみんなで造る事もひとつでした。



ひとつひとつ造り上げていきます。


あんな事が有った今年。


「だからこそお正月にこれを飾って欲しいshine
と考えてくれたのは浅草と上野の人達。



辺りが暗くなった頃、
僕達は炊き出しの追い込みをしていましたangrysweat01

すると、
どこからともなく・・・


   『 どうもないpaper 』

   『 何か手伝えることあるかい?catface 』


と、仮設に住む人達が集まってきてくれましたlovely

2か所に対する炊き出しは
思った以上に手間が掛かります。


皆さんのおかげで
定刻通り振舞う事が出来ましたnotes


ホント感謝感謝です。confidentheart01up

僕達と仮設に住む人達との
コミュニケーションが取れてきたのかなと思ったら

凄くワクワクと嬉しさがこみ上げてきましたconfidentup

2か所目の仮設の人達と話している時にも
そんな事を思いました。

皆さんは浪江から避難されている方々ばかり

漁業を中心に生計を成り立たせていた方々が多いのです。


船も無い

家も無い

有ったとしても戻れない。


そんな悔しさと
福島市の寒さなどと戦っているのです


中には〆飾りを見て
『 ウチはお正月迎えられないから…coldsweats01 』と言う方もいました。

津波に身内を流されてしまった人。

地震の被害にあってしまった人。

聞けば
様々な理由がありました。

大河原さんは

大河原さん 『 〆飾り、ちょっと不味かったですかね。。。coldsweats02 』 


と困惑した様子でした。


もも 『 でも僕達の気持ちは伝わった様子でしたよwink 』

僕達が運んでいるのは食糧でも飾り物でもありません。


   ”気持ち”を運んでいるのですから。


。。。。。。。。。。。。


仮設住宅での自殺が増えていると聞きます。


少なくともこの2か所で
そんな事が無いようにしたい。

仮設の会長さん 『 2年が限界だと聞くんだ 』


2年はみんな我慢出来る。
そう言うのです。

苦しいと思います。

悩むと思います。

僕は最後にこう言いました。


もも 『 とにかく、今年は ここで年を越さなくてはいけないからない。 』

   『 事故とか風邪とか、そういう事の無いようにしなくちゃいけないよない 』 


皆さん 『 そうだな。とりあえず、ここで越さなくちゃな 』


今、各地の仮設住宅では
窓を二重サッシにするなどの追加工事が進んでいます。

         『 とりあえず 』 です。

いつか戻れる日を夢見て。


。。。。。。。。。。。。。。

アッと言う間と言えばそんな感じもする。

でも、
今になって思う事がある。


      『 頑張らなくても良いんだよ 』

5月に
東京上野の睦会さんに呼ばれて
復興イベントを行った時には思えなかった事。


でもこれは、
睦会の皆さんに言われた事でもある


今は被災地のみんなに言いたい事になりました。


9ヶ月経ったいま。。。


もも


2011年12月 7日 (水)

特別な酒。

アップするのにやたら時間が掛かりました。。

。。。。。。。。。。。。。。


曙酒造さんへ行ってきましたconfident



今回はあまり写真を撮って来なかったデス。

やっぱり、

「あの震災がどうだったのか」

「どれだけの被害が有ったのか」などの話の方に

多くの時間を費やしました。


曙酒造さんがある「会津坂下町」は
地盤のせいか、他の地域よりも大きく揺れたそうで

曙酒造さんも
壁が崩落するなど大きな被害に遭い

僕達が行った時も改装工事の真っ最中で
なんだか申し訳ない事をしたなと思いました・・・wobblybearingdown

それでも快く蔵の中や
ラベル貼りの工程などを見せてくれて

また気持ちが近くなった気がして

最後には
「やっぱり来て良かったなconfidentup」と思いました。



今回は家族も連れての蔵見学。

おせちに付けるお酒の打ち合わせも

何とかなりましたし、


後はおせちの仕込みに
精一杯頑張りたいと思います。

。。。。。。。。。。。


福島に帰って来てから

橘内酒店さんに行って cardash


去年、娘が刈り取った酒米で仕込んだ
【 天明 亀の尾 】を買ってきました。


【 瓶火入れ 瓶囲い 純米 】

大事に大事に仕込まれた特別な酒、

いや、
僕にとっては
特別な日本酒です。


娘が成人した時にでも

一緒に呑みたいと思いますbottleheart04


もも


2011年11月21日 (月)

炊き出し11月20日


炊き出し前日の土曜日


福島入りした浅草のみんなと

夜、合流して・・・・・


呑み過ぎた僕はshock(苦笑)

当日
集合時刻に起きられず

仮設住宅に着いた時には
仕込みが始まっていました。。。。


なんと情けない。。。
(大変申し訳ございませんでしたweep

今回のメニューは【 カレーライス 】と【 フルーツヨーグルト 】


150人前のカレーはやっぱり豪快ですsign03


昼前から仕込み始めた福島も

夕方になって辺りも暗く
大分冷え込んできました。。night

今回は炊き出しとは別に

仮設に住んでいらっしゃる方々に
”物干しスペース”を組んで頂きました。


ちょっと暗くて分かりづらいかもしれませんが
素晴らしい出来栄えshine

今回のスタッフの中には
「とび職」を生業としていらっしゃる方々がいて

しっかりとしたものが出来上がり
正直僕もビックリしました。



やっぱり「餅屋は餅屋」だと納得。


それではと
僕は料理人として
カレーの味をしっかりと決めていきますcatface

5時を過ぎてwatch
炊きたてのご飯が届きました。



皆さん待ち切れずに目の前に来てくれています。

出来上がったカレーやフルーツヨーグルトをパックに詰め

皆さんに手渡す時の顔が印象的。



造った側の僕達も
仮設の皆さんも笑顔ですlovelyhappy02confidentup


この後、
同じ内容の食材達を車に乗せ
もう一つの仮設住宅へと車を走らせました。


こちらでも皆さんお待ちかねlovelylovelylovelyupheart04

子供達も大喜びで
出来たてのカレーを持って行きましたbleah

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

いつも思うのですが

「食べ物」というか「炊き出しについて」です。

3月・4月のあの頃とは意味合いが違っていると言う事。


高速道路も寸断され流通がストップして
一食がおにぎり一つしかなかったあの頃とは
やっぱり違うのです。

あの時は「食べ物」「食糧」を目的としていましたが


今、僕達が運んでいるものは「心」。


  ハートですheart01

正直、
お金は多少有ると思うのです。

しかし今皆さんが住んでいる福島は

今まで住んでいた浜通りの浪江町よりも
5~10℃ほど寒い。


ましてや仮設住宅の外壁は薄いから
今時期(8℃~15℃)でも相当寒く感じるはずです。


「一食分の経費を暖房費に回す事も出来る。」


それも炊き出しの目的でもあるのは確かですが


一番は「ふれあい」でしょう。


2つ目の仮設の会長さんが言ってました。

「 今、浪江の人達は全国に散らばっていて、
  行っていない土地は全国で2県だけ 」だと。

地元を追われ
住む事が出来なくなってしまい

土地勘も何もない場所に住まなくてはいけない。

友人もいない

中には御家族を失った人達だっているでしょう。

仕事だって
今までと同じ仕事にありつけない人達の方が多いと聞きます。

         失ったのは「生活」。

今まで当たり前だった
日頃の生活すべてを失ってしまった。


でも、

今回のプロジェクトのメンバーのように

『 何かお手伝いをさせてもらえないか 』という気持ちを
持ってくれている人達だって多いのです。

今回の炊き出しには
愛知県と千葉県から3人も
ボランティアで参加
してくれた方々がいました。

みんな「何かしたい、させて欲しい」と言う気持ちからです。

僕は
同じ福島県民として

『 ありがたい 』と心から思いました。

。。。。。。。。。。。。。。


    『 福島原発3号機で毎時1600ミリシーベルト 』19日東京電力発表


8か月経っても

あの周辺では何も変わっていません。


故郷に戻れる日はいつか

息の長い支援が必要です。


もも


2011年11月11日 (金)

試飲会&即売会inあさくさ②

朝9時。


「ようやく」といった感じで起き上がった僕達福島組は


福島の地酒たちを
隅田川沿いにある【 浅草むぎとろ 】さんへ運びました。


結構な量だったので
「こりゃ大変だ。。。shock」と思いましたが
皆さん手伝ってくれて凄く助かりましたconfident


オーシャンビューならぬリバーサイドビューshine

皆さんご存知のアサヒビール本社のビルが見えます。


コレは午前中の写真ですが
日が落ちて暗くなったら
またムーディーな感じheart04になるのだろうと思いました。


運び込んだ日本酒達。


これだけの種類を利き酒出来て
さらに気にいったらその場で買える素敵なイベントですheart01



ここが利き酒コーナーbottlekissmark



そして即売コーナーbottlecatfaceup


この季節にしか味わえない
「ひやおろし」などもあって
日本酒ファンにはタマラナイ時間が始まります。


準備は万端ですsign01

僕の用意した”酒のアテ”は
福島県の3地方をイメージする献立としました。


会津地方の『 鰊の山椒漬け 』

中通りの『 いか人参 』

浜通りの『 紅葉漬(鮭の麹漬け)』


用意したおつまみと共に
姉さんもscissorssmileup


時間になって徐々にお客様が入り始めましたnotes



気が付けば
物凄い人だかり。


最終的に100名ほどの人が集まってくださり

浅草や上野の人達が
一生懸命声を掛けてくれたのだと実感しました。



【 さすけねえ!福島  】

「がんばろう」も言い続ければ疲れてしまう。


そんな想いで今回のイベント名を

「 さすけねえ 」にしました。

         差し支えない。

          大丈夫。

         気にすんな。

そんなニュートラルな気持ちと

その奥に秘めた熱い思い

初めてやったとは思えない
素晴らしいイベントになりましたupupupup

ありがとう浅草。


ありがとう上野。


ありがとう東京。


地元に居たら味わえない”人の温かみ”

東京は応援してくれています。

~ 福島に住む私達が今出来る事は何だろう。~


そんな事も考えさせられた一日でした。

つづく


もも


2011年10月31日 (月)

試飲会&即売会inあさくさ①

10月29日 夜11時night

仕事が終わらせ、
明日の為に仕込んだ3つの料理を
橘内酒店の橘内さんの車に積みこみ

 浅草へと車を走らせました。cardash

おかげさまで
土曜日の営業は忙しかったのでクタクタでしたがsweat01

意識がはっきりしていた上

”福島の地酒を売る”という目標意識がハッキリとしていた為
あまり疲れを感じずにいたのです。


真夜中の東北自動車道。

道も空いていて
2時間半ほどで東京へと入る事が出来、

ホテルへチェックインhotel car~。


無事着いた事を
今回のプロジェクトの代表、大河原さんに連絡phoneto

合流しましたnotes


大河原さんも
ここ連日の打ち合わせで疲れた様子でしたが
「 一緒に(軽く)一杯cute 」と付き合ってくれたのです。lovely

しかし
浅草の夜は早いnight(久米明風)

夜2時ともなると
やっているお店が少ないのです。

ましてや今回は”日本酒の会”

日本酒が欲しくなるのは目に見えています
( ホントは自分が呑みたいだけですが…(* ̄ー ̄*)ニヤリッ )


本番は明日。

粗悪なお酒を呑んで
「 この人使い物にならないwobbly 」ってなってはいけません。


そこで大河原さんが良いお寿司屋さんを紹介してくれて
3人で入店したのでした。

まずはビールで乾杯beerbeerbeer

明日の資料をテーブルに広げ
3人で詳細な打ち合わせを進めて行きました。

まるで福島に住んでいるかのような詳細な資料。

お酒の説明や蔵の説明。

素晴らしい資料を造り上げてくれていましたheart02


それは
浅草や上野の人達の意気込みが感じられ
「頑張らなきゃ!」と言う気持ちがグイグイ盛り上がりましたupupupdespair

チョットしたおつまみを頂くうちに

やっぱり
ジャパンが呑みたくなりbottle

2合づつ何度か注文を繰り返していると


福島の”保原出身”という板前さんが声を掛けてくれました。


板さん 『 話し方を聞いていて、絶対福島の方だなと思いましたhappy01up 』

もも  『 そーかいそーかい保原だって?happy02呑みねぇ呑みねぇbottle  』

もう、10数年東京に居ると言う彼と
いきなりに友達になってしまい

さらに加速する注文cryingbottlebottlebottlebottle

大河原さんが変身したのもこのあたりからcoldsweats01(笑)

隣に座っている僕に
お酒を注いでくれようとしているのですが

猪口にお酒が入りません。。。coldsweats01

もも 『 そろそろ御開きにしますかcoldsweats01sweat01 』

前夜祭と言う事でチョット軽く一杯のつもりが

なぜか4時半watchsweat02


明日は9時までに荷物を搬入です。。
 


大河原さんを家まで送り
僕達はホテルへと戻りました。


こうして初日の浅草の夜は
更けていったのです(と言うかすぐに明るくなってきましたsweat02


。。。。。。。。。

10月30日。

プロジェクト最初の【 利き酒と即売会 】


場所は ≪ 浅草むぎとろ 最上階 天空 ≫


ロケーションバッチリlovely

後はお客様がどれだけ来ていただけるかです!

それはまた次回 soon


もも

2011年10月19日 (水)

10月30日浅草むぎとろ様へ。


かなり時間が経ってしまいましたね。。(^^ゞ


でも仕事もちゃんとやってますよ(゚∀゚)


カラスミも仕込み始めましたし

紅葉漬け(鮭の麹漬け)も仕込み始めました。

3升漬け(青南蛮の麹漬け)なども仕込みました。


それなりに仕事も頑張ってますよ(^^ゞ

それとは別に

炊き出しも再開しました。


4月から調理師会のみんなと毎週行なってきた炊き出しは

避難所の閉鎖と共に終了しましたが

浅草の皆さんと再開することになりました。



詳細はこちらにあります。
お時間ある時にでもご覧ください。

実はすでに
9月に一度炊き出しをやってきました。


次回は23日。

浪江町の方々が避難している
仮説住宅2ヶ所に行きます

そして!
その次の日曜日は浅草へ!

  イベント内容はこちら

「むぎとろ」さんで
日本酒やお米などを売ってきます!riceballbottle


福島の料理も持って行きますねconfident

考えているのは
「紅葉漬け」と「いか人参」
「ニシンの山椒着け」です


こうご期待ですnotes

。。。。。。。。。。。。。


なかなか時間取れていませんが

ちゃんと生きてます(笑)


でも
なんだかアッという間に10月も後半。


おせち料理をどうするか

それが今一番の悩みです。。。。

それではまた


もも


2011年9月 8日 (木)

放射性セシウムと青酸カリ。

タイトルを見て
「武田邦彦」さんを連想した方もいらっしゃるかと思います。

9月4日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」で
武田さんが発言した内容について

岩手県一関市長の 勝部 修さんが
武田さんに直接抗議のメールを送っていました。

ご自身のブログで詳しく回答なさっています。


一関市長さんからの抗議のメールと共に
なぜそのような発言をしたのかはこちらをご覧ください。


。。。。。。。。。。。。。。


  


・・・・・・・・・(市長さんからのメール)・・・・・・

中部大学教授 武田邦彦様

あなたが、9月4日放送の「たかじんのそこまで言って委員会」に出演中、一関市の名前を出しながら、今生産するのが間違っているとか、畑に青酸カリが撒かれた、青酸カリをのけてから植えてくれ、東北の野菜とか牛肉を食べたら健康を壊す、などと発言したことに対して、地元自治体の首長として強く抗議します。

あなたは、発言を取り消すつもりはないとも語っていましたが、本当に取り消す考えはないんですか。それを確認の上、今後の対応を考えていきます。

    岩手県一関市長 勝部 修


・・・・・・・・・(以下、ご回答です)・・・・・・

 < 抜粋しています もも >

放射性セシウム137の{成人、経口}での50%致死量は0.1ミリグラム程度です。

これに対して青酸カリは{成人、経口}で50%致死量が200ミリグラム程度ですから、
青酸カリの方が約2000倍ほど毒性が低いという関係にあります。


つまり、放射性セシウムの方が青酸カリより約2000倍の猛毒であり、
それが一般的に知られていないので驚いた方もおられると思いますが、
除染しないまま作物を生産するのに慎重にならないいけないと思います。

~省略~

積極的に毒物を除く除染を東電(できなければ当面は国)が全力でやるべきです。

事故から半年ほど経っても「猛毒を他人の土地にまいて知らぬ顔」です。

それを住民の健康を預かる自治体や正しい情報を提供すべきマスコミなどの日本社会がそれを指摘しないことを歯がゆく思っています。

この際、農家の方、お子さんの保護者の方、自治体の方が力を合わせて
東電に「直ちに除染して、もとの綺麗な国土に戻せ」と求めるのは当然と思います。

しかし、現実は
「我慢しろ」、「そのぐらい大丈夫だ」。「痛みを分かち合う」というように
東電がやらなければならないことを国民に転嫁し、
正常な国土に戻す行動を遅らせる動きもあります

このような動きは近年に起こった食品関係の問題と比較するなら、
きわめて特殊で、「東電は大きな会社だから追求しない」と感じられます。


一関をもとの美しい状態に戻すために市長さんが大変なご努力されていると思います。是非、早くもとの姿に戻ることを期待しております。


 <抜粋終了>


。。。。。。。。。。。


放射性セシウムが青酸カリよりも2000倍猛毒だと言っています。


そして
それをバラ撒いた本人(東電)がそのまま放置していると。


何故それを放置しているのか

何故それをマスコミは強く言わないのだ。

国や東電は何をしているのだと武田さんは言っているんですね。

過敏になり過ぎてノイローゼになるのは
精神衛生上良くはない。

それにだけ反応して
家庭崩壊になるのも良くは無い。


それでも
あらゆるところに”毒"を蒔き散らかして
まだ何も出来ていない。


学校などの土を始めに除染したのも
地域のボランティアであったり
市や県からの指令を待たずに動いた学校側です。

いつまでこのような状況が続くのか。


福島は
あと29年もこのままなのか


あらゆるイベントで
「フクシマ」とカタカナで書かれると
正直切なくなります。


もも


味乃桃の井 のサービス一覧

味乃桃の井
  • TEL050-3463-9289